曳 舟

 東西の美所をとる和洋折衷として、線のない画体で
 空気を描く手法が用いられた作品です。

 滝壺から流れ出した水の波紋や巌のぼかしなど
 情緒あふれる風景を
お楽しみいただける工芸複製画掛軸です。

 横山大観

 明治元 茨城県水戸市に生まれる
 明治22 東京美術学校に第一期生として入学
 明治26 同校を卒業
 明治29 同校図案科助教授となる
 明治30 日本絵画協会共進会に「無我」を出品
      銅章牌を受賞
 明治31 美術学校騒動
     校長:岡倉天心らと共に辞職
     日本美術院創立に参画
 明治40 第一回文展審査員を務める
 大正3  日本美術院再興
     再興第一回院展を開催
 昭和5  ローマ日本美術院展開催
 昭和6  帝室技芸員となる
 昭和10 改組帝国美術院会員となる
 昭和12 第一回文化勲章を受章
     帝国美術院会員となる
 昭和33 逝去:享年89歳
      正三位勲一等に叙せられ
      旭日大綬章を追贈される


 寸 法
 【画寸法】99.5×48.5cm
 
【軸寸法】192.5×69.0cm
 体 裁
表 装 天 地 中 廻 風 帯
一文字
軸 先
三段表装 白茶地丸華文緞子 濃茶地線上り牡丹文緞子 紫地小唐華文金襴 牙代用 柾目桐箱
タトウ入
 おすすめの時期
 一年中
 監 修
 横山 隆(横山大観記念館理事長)
 制 作
 共同印刷株式会社 美術商品部


 ※万一表装の生地が品切れになった場合、同一品質・似ている
  模様の生地を使用することがございます。
  ご了承くださいませ。







【あすつく】 桐箱入り 横山大観『曳舟』複製画掛軸-日本画

アニメ人気投票

アニメランキング過去1週間のアクセス集計結果

アニメシリーズ